↑ 生後1か月そこらのルネ。保護犬、保護猫の旧ブログはこちら→ http://blog.livedoor.jp/coo_rum/


by coo_rum
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 30 )

今日は猫のおしっこの粗相のおはなし。

うちのかかりつけの動物病院で、
「多頭飼いの場合は、猫トイレを頭数プラス1用意するのが理想」
と言われました。

我が家は6つ。(ひとつ少ない)

我が家で猫を飼い始めてから、今までに、げん、くうちゃん、らむりん、シャミに粗相をされたことがあります。

くうちゃんは、いたるところでスプレーする時期がありました。
半年くらいは続いたと思います。
近所の野良猫ちゃんのお世話も少ししているので、そのせいなのかなぁとも思いましたが、原因は推測の域です。

げんちゃんは、主に尿路結石の症状としての粗相が多かったです。
今はその症状がないので、おしっこもなくなりました。
でも、それでもたまにしてしまうことも、まれにですがあります。

らむりんは、ふわふわしたお布団にしたくなっちゃうタイプみたいです。
なので、布団はこまめにお片づけ。
寝ているときにもされちゃうことが多いので、出来るだけふわふわした布団をかけて寝ることは避けています。
冬の寒い時期も、私は布団をかけずに、毛布を重ねて寝ることで、なんとかしのいでいます。
寒さに強い方でよかったと思う瞬間です。

そこまでして一緒に寝るなんて!って思われることもありますが…。

シャミは、絶対マーキングかストレスかでおしっこしちゃってたんじゃないかな~と思っています。
女の子でも気が強くって、甘えん坊。
らむりんといっつもケンカ。
そして人が遊んであげたり、一緒に寝たり、かまってあげないとダメなタイプです。

というわけで、何日か前に、シャミの粗相の記述をしましたが、よ~く考えたら、らむリンという子がまだおしっこたまにしちゃってます…
私の布団で一緒に朝まで寝てることが多いのですが、私が起きてもまだ寝ているので、
「ちょっと寝かせておいてあげようかな」
と思って、置いておいたら、おしっこされちゃうってことも多いです。

対策としては、まず布団は常に片付ける。
布団を毎日のように洗っていた時期もありました。
以前はシャミも布団でおしっこしちゃっていたので…
浴槽で敷布団を踏み洗いしていたこともしょっちゅうでした。
でも、おねしょシーツを使用するようになってから、大分負担も少なくなりました。
d0251304_23395340.jpg

画像、お借りしちゃったものなので、送料無料っって言っても、どこで送料無料か分かりません…
ごめんなさい!


くうちゃんが粗相をして困っていた時は、かなり私もお困りだったので、フェリウェイというものも使ってみました。
d0251304_2343311.jpg

拡散器というものを購入し、試しましたが、特別マーキングがおさまったわけではなかったので、継続して買うのはやめました。

マーキングに関しては、猫にどうこう言ったりしても、もちろんどうしようもないので、対策をこうじるしかないと思っています。
忙しいときに、また雨の続く時期におしっこをされて洗濯物がたくさん!なんてときは、ホントに気分が沈みますね…
しかし、原因はどこかに潜んでいるので、それを考えて試行錯誤しかないのかなぁと諦めています。

多頭飼いは本当大変です。
私は、知り合いが「猫を飼いたい」って言ってる場合、「猫っていいよ~」なんて話、あまりしません。
むしろ、「大変だよ~」って。
言います。

だって、自分の都合で、我が家の子にしちゃうんだから、人間が歩み寄らないと。
その努力はやっぱり大きいと思うから、安易に「飼っちゃえば!」とは言えませ~ん。



毎日、ひもを持ってウロウロしているシャミさんです。
ひもをくわえながら物の周りを一周し、ひもが見えなくなりそうなところで、追っかける。

d0251304_1430149.jpg





ひもがヒョコヒョコ動いてると反応する猫さん、もう一匹。

d0251304_14302858.jpg

ルネはシャミの引っ張るひもにいつも反応しています!
引っ張り合いになるものだから、シャミがちょっとかわいそう…
[PR]
by coo_rum | 2013-03-03 01:10

ごはん隊長。

パソコンのハードディスクが急にだめになったようで、結局初期化をすることとなり…
その作業に追われていましたが、ようやく落ち着いてきました~。
買ったばかりのパソコン。
心配な個体さんです。


レオが亡くなって、もう7か月経ったところです。

レオは食いしん坊で、「ご飯ちょうだい」と訴える係りっていうか…
ご飯ちょうだい団体の代表さんを務めていらっしゃいました。
明け方、寝ている私の頭を引っかいたりされました…
それももちろん慣れっこでしたが。

その役割を今度はくぅちゃんが務めております。
んー。
ちゃんと引き継がれていくものなんですね…

d0251304_21301322.jpg


くぅちゃんのやり方は…

私の背中や肩に飛び乗ってきちゃうんです。
これは、怖いです。
いきなりよじ登ってくるから、背中や首に傷ができることもしばしばです。



d0251304_21303532.jpg


くつろいでみたり…



d0251304_21304866.jpg


アピールの仕方がレオよりも強烈なくぅちゃん。
やんわりとなんとかしたいのですが、まだ対策を思いつきません…
[PR]
by coo_rum | 2013-02-26 21:47
これは毎朝飲んでる、グリーンスムージー。
d0251304_22264558.jpg

毎日材料はかわります。

今朝は、スゥィーティー(グレープフルーツ風の果実)、バナナ、小松菜、水のブレンドです!
色が抹茶っぽいですが、柑橘系の酸味と苦みがメインのジュースですー。

これで酵素&栄養補給。


猫さんの朝ご飯はこれ。
d0251304_22284213.jpg


缶詰の上に馬肉。
脇にはドライフード。
ドライフードの上にかすかに見える白っぽい粉が酵素(グリーンザイム)です。

馬肉が好きな子、馬肉が嫌いな子、ウェットがあまり好きじゃない子、好きな子、色んなタイプがいます。

また、急いで食べて、吐き戻しちゃう子もいるので、朝ご飯は2回に分けて与えています。
少しづつ、馬肉以外にも、違う種類のお肉、ほかの食材にトライしていきたいとおもいます。




なんせうっかりさんなので、またまた昨日の記事で書くのを忘れたことが!

ドライフードばかり与えてきた猫さんたちは、何故缶詰などのウェットフードを食べるようになったかということ。
生後一年未満の小さいころからウェットを食べてるのは、くぅちゃん、らむりんの代からです。

我が家の猫の紹介を再度させていただくと…

りんちゃん(12歳)、げんちゃん(10歳)、くぅちゃん、らむりん(5歳だったかな)、シャミ(2歳)、ルネ(1歳)。

5年くらいドライフードしか食べてこなかったのは、りんちゃん、故れお、げん。

りんちゃんは、未だにウェットフードは食べてくれません…

れおとげんがなんで食べるようになったかは…
ちょっと忘れてしまいました…
でも、やはりすんなりは食べてくれなかったんだとは思います。
どうやって当時は食べさせたのかなー。
なんで忘れちゃったんだろう?
ごめんなさい。
話した意味ありませんでした。
でも、少しは苦労があったかと思います。
忘れてる時点で、苦労は伝わらないとは当然思っておりますが…
ほんとごめんなさい。

でも、病気のげんちゃんにどうやってお水を飲ませようかなと考えて、試行錯誤していたのだと思います。
[PR]
by coo_rum | 2013-02-20 22:31

総合栄養食への過信。

毎日寒い日が続くので、お風呂の時間が長くなります。

うちの夫から貰った、不要となったスマホを貰い、それをジップロックに入れてお風呂で音楽を聴きながら、お風呂につかっています。
最近はEXILE。
いつの間にか時間が経っていくので、身体もよくあったまります!

うちの猫さんたちも、寒いようだけど、一日中つけっぱなしのホットカーペットの上で、ダンボールに入ったり、毛布の上で寝てたりと、さまざまに暮らしています。
しかし、電気代はばかにならない~…
東京電力にお金を払うのはかなりしゃくなので、出来れば太陽光発電にしたいんだけど…


相変わらずシャミちゃんは遊んで遊んでと、ヒモをくわえて私の足元をうろうろしています。


そう。

今日は、総合栄養食について書きたいと思います。

私は、5~6年くらい前まで、「猫のえさはドライフードだけ」と思っていました。
そして、それが一番猫にとっていいことなのだと思っていました。
なぜなら、ドライフードには、「総合栄養食」と書いてあるから。
ただそれだけの理由。

そのころ、げんちゃんが尿路結石を患い、食事が療法食に切り替えとなりました。
そのときに少し食について考えるようにはなりました。
水についても。
猫にとって水はかなり必要だということも知りました。

なので、水分量の多い手作り食も考えたのだけど、猫って食事の切り替えはかなり難しい。
やってみてわかりました。

飼い主は良かれと、一生懸命猫のためにご飯を作ってみるのだけど、当然食べない。
そのころ、少しづつ手作り食にならしていこうと思ったけど、私の考えるスピードと、猫が必要とする時間は異なっていたようで。
そして、何より、げんちゃんの病気を踏まえた上での食事を作ろうと色々調べましたが、すごく難しい。
そのころお世話になっていた動物病院では、もちろん療法食を薦められていたし。

猫は、生後1年までに食べたものが、それからの食生活に影響を与えるようなのです。

小さいころから、総合栄養食とされるドライフードだけを食べさせてきてしまったので、なかなか手作り食は受け入れてもらえませんでした。


水も飲んでほしいということもあり、結局缶詰やパウチに頼ることになりました。
缶詰やパウチは水分量が多いし、さらにこれを少しのお湯でのばして与えていました。
それと、ロイヤルカナンのドライフード。

今も、缶詰ベースに、生肉、すりおろし野菜(これは耳かき程度の量)をトッピングしたりしてご飯をあげています。
それプラス、原材料が確かそうな外国のドライフード(今はナチュラルバランスとナウ・フレッシュ+今までのロイヤルカナン)。
とりあえず、馬肉に慣れてもらおうと、少しづつ量を増やしていっています。
ドライフードばかり食べてきた子も、缶詰に混ぜれば、馬肉はなんとか食べてくれるようになりました。

ドライフードも原材料に関しては、実際栄養価の高いものなのか、安全なものなのか…全く知らないで、ただ「総合栄養食」という言葉に頼り、深く考えずにいましたが、
あまりよくないフードも多いのだなということが分かってきました。

火の通った食事ばかり食べている猫たちには、酵素が必要だということも分かってきました。


グリーンザイム
d0251304_22382370.jpg



うちは、とりあえず安心素材で作られてそうな、こちらの商品を使ってみています。
どんな酵素があるのか、引き続き調べてみたいと思っているけど、この酵素は結構好きみたいで、
ちゃんとうちのこたちは食べてくれています。(ドライフードにトッピングという形で振りかけています)





人間にも酵素が必要だとかで、何年か前からグリーンスムージーが流行っていますね。
我が家も、毎朝飲んでいます。
材料の調達とか、結構面倒くさかったりもするけど、口内炎で悩んでいた娘が、これを飲み始めたら口内炎がなくなったので、続ける甲斐はとりあえずありそうです!

とにもかくにも、猫にも人間にも、ある程度ちゃんとしたものを食べてもらいたいと思っています。



これは、私が寝るのをひたすら待つシャミの姿。
結構怖い顔で待っています^^;

寝る前は少しストレッチなどをするので、私の布団で一緒に眠りたいシャミは、もう待ちきれず目が閉じそうです。
毎晩、布団に入ったら、結構速攻で眠ってしまうシャミなのです!
私よりも速く。
本当にすぐに眠りの体制に入ります。
d0251304_22473723.jpg

実は私も結構早寝な方です。

それでは、おやすみなさい~…
[PR]
by coo_rum | 2013-02-19 23:05

一匹二役のひもあそび。

昨日の記事の中で、「子供の言葉に押されてシャミを飼うことになって、もう子供の言葉にまどわされてはいけない」というようなこと書きましたが、実際そのあと、ルネを家族に迎えてしまってました…
また、子供の意見に左右されている私…
やはりまだまだ矛盾はあります。
もっと、着実に有言実行していかなければ!(もちろん、かなりの時間を要することを覚悟で)
私が長生きできればの話だけど…


今日はシャミちゃんのお話。

シャミは、半年くらい前まで、変な場所でおしっこをしちゃう子でした。

特に困ったのは、人間のお布団。
風呂場のマット。
玄関マット。
などなど。

猫の場合、そういうことで悩む方も多いですよね。

全く粗相をしない子はしないのですが、する子は頻繁にする。
我が家では、シャミが初めてでした。

ただし、尿路結石の子は、しちゃうようです。
昔げんちゃんがそうでした。
でも、病気治ったら、粗相もなくなりました。


そんなわけで子供用のおねしょシーツを愛用していたほど。

おねしょシーツにはほんと助けられました。
お困りの方はお試しを。

ところが…
半年くらい前から、毎晩のように一緒に寝るようになって、突然粗相がなくなりました。
それまでは、たまに一緒には寝ていたけど、寒くなってから、私が寝る時間に一緒にお布団に入って、翌朝私が起きたらシャミも起きる。
というような感じで毎晩一緒に寝ていたら、何故かおさまってました。

とにかくシャミは甘えん坊。
でも、甘えてる姿を、ほかの猫たちに見られたくないみたいで、私に甘える場所は決まっています。
トイレ、お風呂、寝るとき。
トイレとお風呂では、頭をぐりぐり押し付けること、エンドレス。
背中に乗ってきちゃったりとほんとやりたい放題だけど、そういう時間が大切なタイプみたいです。

そういう子は出来るだけかまってあげないといけないですね。
猫が6匹もいれば、みな個性はバラバラ。

日々観察。


そんなシャミさんは、今日もヒモ遊びを催促。
こんな顔で見つめられている毎日…
d0251304_22261836.jpg


でも、忙しい日はあまり遊んであげられませんね。
そんなときもついてきます。
d0251304_22262930.jpg


しまいには、これからしまおうと、立てておいた小さいテーブルを使って、一人で遊び始めました。
この画像…意味わかるでしょうか?
ヒモの端っこをくわえながら、テーブルの周りをゆっくりと周ると…
ヒモが視界から消えそうな瞬間がありますね。
そこを走って追いかけるのです。
d0251304_22263852.jpg


こんな感じで!
d0251304_22264883.jpg

まだまだ若いシャミさんは、相手されないときはよくこうやって遊んでます!
[PR]
by coo_rum | 2013-02-13 22:55
最愛のボス「レオ」を昨年夏に亡くし、色々なことを考えました。

おととしには、保護犬「ライヤ」の飼育を3か月間。
ちょうどライヤの飼い主さんが決定したころ、皮肉なことに今度は知り合いのお宅の庭に産まれていた5匹の野良の子猫を預かることに。

犬と猫の同居はとても難しく、レオはボスとして、猫の代表に立って、ライヤと接触しようともしてましたが、ライヤはやんちゃだったため、半ば敵とみなしていたようです。
なので、居住スペースの限られている中での犬猫同時飼育…
家族の負担も大きかったようで、犬の預かりを断念することとなりました。
もちろん、無事飼い主様も決まりましたので、ライヤは今幸せに暮らしています。
ライヤを預かった3カ月間はとても大変で、犬も猫もちゃんと面倒見てあげたいと思えば思うほど大変でした。でも。私にとってはいろんなことを知るうえで有意義な時間でした。
ライヤもとってもかしこくてかわいかった。

そして、間髪入れずに今度は子猫飼育。
同居猫たちのストレスも大変なものだったと思います。
よく頑張ってくれた…今となってはそう思います。

我が家にいる猫たちは、大半が保護猫です。
レオは…
「子猫あげます」と書かれた鉄製のカゴに入っていました。
まだ生後2~3か月くらいで、そのころ家にはりんちゃんしかいなかったので、まだ飼う余裕もあり、ましてや、カゴに放置されていたのも怖くて、連れて帰りました。

猫を見るとほうっておけない性格なので、明らかに迷い猫、捨て猫と分かれば拾ってきてしまいます。
我が家はもうすでに大所帯だし、さすがにシャミを拾ったときは、誰かに譲渡しようと思いました。
ところが…子供たちが「どうしても飼いたい!」なんて言う。
無責任な子供たちの言葉に押され、飼うこととなったのだけど、さすがにおととし拾った5匹の子猫は、子供たちの意見は却下して、譲渡先を必死で探しました。

それは、みんなの平穏な暮らしのため。
猫はそれぞれ全く違う性格で、とりわけ繊細だったのは、げん、でした。
特に犬が来た時は、げんちゃん、下痢が止まりませんでした。
新しい家族を迎えるということは、労力のいること。
私は、自分の強引さに気づき始めました。

犬や猫を保護するにしても、もっと色々なことを考えないとなと反省。
犬を助けたい、猫を助けたい、と言っても、我が家の猫や人間のことも考えられないのでは、きれいごと。



レオはいつも、我が家のほかの猫たちのことを、なんとなく、でも、結構しっかり見つめていたんじゃないかな~って…
私なんかより、しっかりしていたのかな~って。



レオに負担かけちゃったな…


今でもそんな風に思い出します。



レオに教わったことは無駄にしないように、家族や猫たちの気持ちを考えた上で行動することはけして忘れないようにしたい。

自分の仲間を守る気持ちを。



そして、今、ホリスティックケアに興味を抱き、少しづつ知識を得ようと頑張ってます。
猫の健康のため。
猫の安らぎのため。

手始めに、猫のごはんに「酵素」を入れることとしました。


また、猫に関する活動は、続けていくつもりです。
ボランティアか、お仕事かはまだ未定ですが、焦らず自分のペースでやっていきたいな。
まだ子供も小さいから、これから徐々に。

まだきれいごとかもしれないけど、動物のためにがんばりたい!!のです。

d0251304_21344755.jpg

亡くなる数週間前の画像です。
レオ、いつまでも私の心の中で生き続けてね。
[PR]
by coo_rum | 2013-02-12 21:36

朝の日課。

連休真ん中日。

千葉県のとある地域は、とってもお天気が良くて風もなく、過ごしやすいです。
少し寒いけど…

長男(小学3年)は、昨日今日と、お友達と近所を遊び歩いております。
なので、親など、残された家族はお留守番。

お昼すぎ、私は長女(同じく小学3年)のバレンタインデー制作のための材料などを、一緒に買いに行きました!
ほとんど100均で調達出来ちゃった!

長女に「ダイソーにする?セリアにする?」って聞いたら、「ダイソー!」っていうんで、ダイソー。

明日は制作だそうです!
定番の、チョコ溶かして、流し込んで…っていう、一番オーソドックスなタイプの。
それでも、何かとお手伝いしないといけないので、
猫さんの毛が入らないように、最新の注意を払って、
って、払っても払っても、不安は拭えないのだけど、頑張ってアシスタントしたいと思います。

友チョコがメインらしいのだけど、2人の男の子にもあげるそうで。
2人のうちの1人が本命らしいのですが、だったらなんで2人にあげるのかな~とはちょっと思う…


さてさて、今日のルネさん。

朝…

ごはんを待つ間は、毎朝キッチンに一番近いこの窓付近で、お庭のスズメ??観察。

「ニャニャッ。ニャニャニャッ。」
と鳥を見るといつも出す、不思議な声を出しながら、真剣にバードウォッチング。


d0251304_1661868.jpg


我が家の近くには、どうやらスズメの巣らしきものがあるようで、
何年か前から、子スズメの巣立ちをサポートする親スズメの頑張りを見てきました。
感動しながら ;;

スズメが毎朝、お庭で何かをついばんでいます。

d0251304_167318.jpg


朝ご飯を食べ終わったら、リビングのテーブルの下でくつろぐ…の図。

後方、ダンボールの中で眠っている猫さんたちもいますよ。

d0251304_1622096.jpg


再度家族ではなしあったのですが…
ルネと過ごす時間が長くなってしまったせいか、子供たちはルネと離れられないようです。
なので…
TOPの「お知らせ」で、「ルネにご興味のある方はご連絡ください」と書きましたが、
申し訳ないですが、その部分を削除させていただきました。
これまで皆様にご協力いただきありがとうございました!
[PR]
by coo_rum | 2013-02-10 16:28

インフルエンザ。

先週土曜日から、我が家の末っ子がインフルエンザで、隠居生活をしています。
もちろん私もつき合わされていて、半隠居生活。

インフルエンザ流行っていますね…
我が家では、インフルにかかった人がメインでマスク、タオルは個々で使用。
というのを徹底していて、それで毎年、家族への感染はまぬかれているみたいです。

そして、今年は、ウイルス対策にもう一つ。

クレベリン。
d0251304_22534985.jpg


とっても塩素臭がキツくって、身体に悪いのでは?と疑いも持ってしまうほどの刺激!

猫さんだけの空間になるときは、クレベリンはお外に出しておきます。

クレベリンの効果はいかがなものでしょうか☆
今のところ、家族内でインフルエンザに感染したものはまだいないから、効果あったのかな!?

d0251304_22544521.jpg

今日のルネさん。
いつもホワンとした雰囲気です。
優しめのお顔立ちではないけどね。
[PR]
by coo_rum | 2013-02-07 23:03

近況

紗羅、楓花ちゃん姉妹、

それと、ゆきちゃん。

飼い主様から、元気な姿のお写真、それと、メールを頂きました!


ルキちゃんの飼い主様からは年賀状をいただきました。

ルキちゃん、サム君、お子様とのお写真があって、とっても元気そうで、幸せそうでした。


どのご家族も、変わらぬ愛をもって、接してくださっています。

こんなにうれしいことはないですね。


未だ我が家で、半分うちの子になりかけている「ルネ」さんよりも?幸せになったきょうだいたち。


紗羅ちゃんは4,7キロ、楓花ちゃんは5キロ!!

女の子にしては大きくなりました。

もう立派な成猫さんですね~。


楓花ちゃんと、サスケくん。
d0251304_14211875.jpg


3匹仲良しなんだな~。
d0251304_14213592.jpg


仲良く香箱!
d0251304_14243772.jpg




そして、ゆきちゃん。

ゆきちゃんも4,7キロになったとのこと!



とても元気な姿が伝わってきました。

ゆきちゃんと、くぅーちゃん(茶トラの女の子です)。

d0251304_15244861.jpg



ベランダで、飼い主さんと共に外を観察中。
ゆきちゃんは、この真っ白い被毛と、三毛色のフワフワしっぽがチャームポイント。

d0251304_1525450.jpg


飼い主さんは、ベランダに出すと、ゆきちゃんが身を乗り出してしまうため、ヒヤヒヤしながら見守るそうです。

我が家も…
ベランダに出たがるのは同じで、特に年齢の若いネコさんほど出たがります。

我が家も、飼い主監視の下で遊ばせるようにしています。

でも…
我が家の方がヒヤヒヤもので、手すりの上に登ったりしているものだから、怖いです。
私の知り合いの方は、ベランダからネコが落ちてしまい、しばらくそれに気づかず、亡くしてしまったとのことでした。

なので、監視の下が安全ですね!


d0251304_1525244.jpg


おばあちゃんにも慣れていて、よく一緒に寝ているとのことでした!


みんな幸せでうれしいです。

ありがとうございました!



実は我が家では…

昨年夏に、我が家のボスネコだった、「レオ」が亡くなりました。

呼吸が苦しそうに見えたこともあり、病院に連れていくと、胸に水が溜まっているとのこと。

そして、胸あたりに腫瘍があるとのことでした。

もう、末期に近いということで、開胸手術はやめ、対処療法をすることで、レオとの時間を大切にしたいと思って頑張ってきたのですが…

レオは…というか、猫は…とても我慢強い生き物です。

それからそんなにたたないうちに亡くなってしまいました。

悲しくて、ブログどころではなく、更新はほったらかしで…すみません。

レオから学んだことも大きいので、また追い追いつづっていきたいと思います。
[PR]
by coo_rum | 2013-02-03 23:04

愛すべき末娘。

今日は金曜日なので、長男のサッカースクールの送り迎えでした~。
日が落ちてから一気に寒くなりまして。
昼間の春っぽい陽気はどこへやら。
「昼間はもう春だと思ったのに~」
と、見学のママさんに私が話したら、
「そんなわけないでしょ」と怒られました^^;。
それくらい、いきなり寒くなりました。


帰ってからは、テレビでサッカーの試合「キリンカップ」だったかな?を結構真剣に見ていた長男。
こういうプロの試合もちゃんと見れるようになったのですね~。




さてさて。
私の愛すべき末娘、シャミ。




これはご飯風景なのですが…
d0251304_2231922.jpg


シャミだけ何故かボロッボロ、ご飯こぼします。
この顔。かわいい(オヤバカは勘弁して下さいッ^^;)。
d0251304_223123100.jpg



私がシャミとひもで遊んであげていると…
すっごく引っ張るときがあります。
d0251304_22314412.jpg


ゲットしたヒモをくわえて、そこらへん一周してから、また私のところにヒモを持って帰ってきます。
d0251304_22315640.jpg


昼間は気の向いたとき、暇なとき。
夜は私の就寝前にいつもヒモ遊びをしてあげます。
なので、私の就寝前は、いつもそわそわしているシャミです。
恐らく…3度の飯より「ヒモ遊び」なんだと思います^^。
d0251304_2232102.jpg

[PR]
by coo_rum | 2012-02-24 22:47